ZoomでNW冗長構成の対応方法(有線LAN、無線LANで二重化する方法)

Zoom

身近な人でのフランクなミーティングだったら、NWが切断されても再接続すれば問題無いです。でも、ある程度オフィシャルで、超大事な会議のZoomの切断は許されません(運用緊張しますね~)

でも、NWが命のZoom、リハーサルではうまく言っていたのに、本番当日に限って(リアル参加者が多いので)回線が込み合ってダウン~ってこともよくあることです。

そんなときのため、有線と無線で二重化する方法について説明します。

やりかたは超簡単!有線と無線をどちらも繋げて、ホストを開始しましょう

これだけで、片方が切断されたときに勝手に切り替わります。OSがやってくれてるのね。ただし、切り替わるまでには少し時間がかかりますので要注意ってことで。

私は、これまでに何度かこういう場面に遭遇していますが、実際はこんな順番になります。

1.有線と無線どちらも繋げているホストがあって、例えば利用をしてた有線LANに何らかの障害(物理的に切断など)が発生した

2.一定時間たって、ホストのZoomクライアントが無線で再接続を試みる

3.再接続できた時点で、ホストは復帰

ここまでは想像しやすいですよね。この無線LANまでもダウンしてしまっている場合は、以下のような順番をたどります。

3.ホストは、悲しいかな、再接続が出来ないまま切断

4.Zoomのサーバは、他の参加者の1名にホスト権限を勝手に委譲する

突然ホストを委譲されるんですねー。びっくり。

ともあれ、ホストが切断されてもZoomミーティングはそのまま進行されます。

終了されることはありませんので、この点はご安心を、ですね!

ということで、大きな会議では安定運用のためいろんな手段を講じておきます。

・極力、無線LANと有線LANの上流のNWは別にしておく

→同じだったら、上流が死ぬと共倒れになりますからね

・共同ホストを数名設定しておく

→ホストが居なくなったときに、運用継続できるように

・別途LTE契約しているiPadをメンバに加えておく

→有事には、このiPadのカメラにスポットライトビデオを当てて話者を映しましょう

などなど。

いろんな手を打てるから、Zoomは便利ですね。

経験的にも障害を乗り切れた時、どんだけ嬉しかったか。

そのためにも、万全尽くして準備しときましょう!

たった1つの失敗で、使えねーと判断されるってこと、このITの分野には多々あるケースですので。

# 尚、実際には、ホストPCにsimが刺さっていてLTE接続できるのならば、無線LANと有線LANとLTEとで、三重に冗長化できるだろーなーと(実際は試してないけど)思ってます。

コメント

  1. けん より:

    とても参考になる記事をありがとうございます。
    二つの回線を束ねて助長化とともに、高速化する方法があったら、ご紹介ください。
    速度が不安定になったときや、速度不足を補えると良いなと思ってます。
    手ごろなキャリアアグリゲーション的なものがあると良いのですが。。

  2. Daishiro より:

    けんさん、ありがとうございます。複数回線の冗長化に加えて、回線をアグリゲーションして高速化出来れば安定しますね!
    これまでのZoom導入経験では、ソフトウェア側ではそのような機能は見当たってないように思いますが、気になるので調べてみます。もし見当たったら面白いので記事にしますね!ありがとうございます^^

タイトルとURLをコピーしました