【かんたん解説】セキュアハッシュ関数SHA-256を用いてファイルA及びファイルBのハッシュ値を算出すると,どちらも全く同じ次に示すハッシュ値n(16進数で示すと64桁)となった。この結果から考えられることとして,適切なものはどれか。ハッシュ値n:86620f2f 152524d7 dbed4bcb b8119bb6 d493f734 0b4e7661 88565353 9e6d2074

情報セキュリティマネジメント試験

問題

「出典:令和元年度 秋期 情報セキュリティマネジメント試験 午前 問12」

ア ファイルAとファイルBの各内容を変更せずに再度ハッシュ値を算出すると,ファイルAとファイルBのハッシュ値が異なる。
イ ファイルAとファイルBのハッシュ値nのデータ量は64バイトである。
ウ ファイルAとファイルBを連結させたファイルCのハッシュ値の桁数は16進数で示すと128桁である。
エ ファイルAの内容とファイルBの内容は同じである。

かんたん解説

ハッシュ値は、一方向関数で出力される値ですね。入力が同じであれば、出力は同じ。

入力が1ビットでも異なると、出力は全く別のものになります。

一方向関数といわれるくらいですので、逆方向に変換は不可能です。つまり、ハッシュ値から入力値を求めることは原則できません。

それと、出力は毎回同じ長さになります。

古くはMD5がありましたが、SHA-1やSHA-256など様々方式はありますね。

ということで、正解は(エ)ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました